« 改名危機!? | トップページ | 曽場ヶ城山登山 »

2007年2月 6日 (火)

広島南アルプス(武田山~鈴峯)踏破活動期

やった!!
とうとう当ブログでも登山の記事をかける日がやってきました。
しかもいきなりの大物です。
行き先は広島南アルプス。
なんてダサい名前なんでしょう(笑)
本家のアルプスの名前をパクった日本の南アルプスの名前をさらにパクった名前。
一応ググってみると10件表示されました。
しかしそのうち1件は我らがtak師匠のページでした。。。
ちなみに広島南アルプスとは武田山-火山-石山-丸山-大茶臼山-柚木城山-鬼が城山-鈴ヶ峰と、広島市の西側をぐるっと一周するコースです。
おバカな名前とはウラハラにかなりハードなコース。

金曜は当然のように飲み会、しかしこの日は断腸の思いで早めに帰宅、24時過ぎには無事就寝。
広島南アルプス登頂決行当日は5時30分起床、7時に下祇園駅集合です。
奇跡的にほぼ予定時間通りに集合できました☆
まずはコンビニで水・朝食・電池の購入。

当分つかってなかったデジカメを引っ張り出してきたのはよかったのですが、電池を入れてもまったく起動せず・・・
せっかく持ってきたのに、これではただの重りです(*_*)
まぁ一眼レフを持参して電池が切れていた当部の某部員さんよりましですが。
ねぇ、TAJIさんw

とりあえず一つ目の山、武田山(約410m)はなんなく制覇。
ここの山頂はかなり広くて展望もよい、お気に入りの場所です。
観光地等の説明看板好きの一人として、山頂で一枚パチリ。
_




なんとちゃんとした登山は3ヶ月ぶりだったので最初はびびっていたのですが武田山をなんなくこなせた(といいつつ息はあがってたけど)ことで多少の自信は復活。
しかしそれが甘かった。
次の火山の厳しいことといったらなかった(>_<)
せっかく400mまだあがったのをいったん300m弱まで下ろされ、さらにそこから480mまで急登坂。
死ぬかと思った。。。
正直言ってこの時点では南アルプス踏破は8割くらいあきらめてましたw
火山山頂で撮った写真を、本来一緒に来る予定だったのに休出でこれなくなってしまった中Gさんに写メ。
__1



手前に見えるシムシティのような団地は東亜ニュータウン 春日野です。

その後丸山を経て、大茶臼山でようやく昼休憩。
ここまでの時間は4時間弱。
距離にして半分程度。
うへ~、本当に踏破できるんかいな・・・
しかし暖かいうどんを食べてちょっと体力&精神力回復。
それと同時に体にたまった乳酸のせいか、体が急激に甘いものを要求し始める。
チョコを忘れたことを悔やみ始めたのが大茶臼山からでした。
ちなみに大茶臼山山頂にはとてもこんなでっかい人口建造物が。。。
__2



別にUFOを呼ぶ怪しい宗教施設があるわけじゃないですよ。
実はこの山頂のすぐ近くには畑峠というwikipediaにも紹介されてる峠道が走っていて、車を降りて徒歩2分でたどり着けます。
まさにトホホです。ダジャレです。

その後、かつては広島一の心霊スポットだった己斐峠(今は知りません)の車道にいったん下りて、柚木城山へ。
しかしこの旅は広島市を色々な角度から見ることが出来、それがかなり楽しい。
まともな写真がないのが本当に悔やまれる。
tak師匠のブログに一部掲載されておりますのでぜひ見てみてください。

このあたりで疲労はピークに。
ほっといても勝手に好きなことをしゃべり続ける、B型で有名なtakさんもさすがに口数が少なくなってきました。
僕はというともっと口数少なかったのですが。

柚木城山を下るとまたしても車道に出ます。
草津沼田道路の料金所すぐ脇。
こんなところまで歩いてきたんだなぁと、今回のバカ企画のバカさ加減を再実感。
そこで本日の救世主、赤いボディのハッピーエンジェル登場!
そう、コカコーラの自販機です。
甘いもの不足の我々にあま~いココアを提供してくれたのです☆
あの時のココアの味といったら、、、
岩崎恭子@バルセロナオリンピックの言葉を借りるなら「今まで生きてきた中で一番最高です」といったところです。

__3



膝に溜まった乳酸が音を立ててみるみる消えていきます。
いや、まじでそんな感覚でした。
あれは本当なのか、幻なのか。。。
とにかくこの時のココアは美味かった!

元気復活した勢いで鬼ヶ城山を踏破。
そして最後の鈴ヶ峰に向かいます。
なめきっていました、鈴ヶ峰を。
意外と高いんですよ、この山。
最後という気の緩みもあってか、さっきのココアパワーが嘘のようにグッタリ。。
黙々と歩き続け、とうとう山頂へ!!

総時間約9時間、下祇園駅から鈴ヶ峰下の新井口駅まで約17kmという大冒険を無事終えたのであります。
その後広島駅まで戻り、某居酒屋でプチ打ち上げ。
5時開店の店に5時に入店し、アルコール2杯で打ちのめされ19時前には店を後にしました。
土曜の夕方、広島駅付近でありえない登山ルックで19時前にもかかわらず酔ってフラフラになっている男を見かけた方、いましたらご連絡を。
確実に僕かtak師匠のどちらかです。

というわけでダラダラと書きましたが非常に充実した一日でした。
今回ご一緒できなかった皆さん、次回企画にはぜひ!!
次は広島東アルプスですよw

PS 先日の日記で報告したGPSも高度・距離計測にしっかり活用しました。
   近いうちに接続ケーブルをゲットして通ったルートを紹介できるようにしますっ

|

« 改名危機!? | トップページ | 曽場ヶ城山登山 »

コメント

こんばんは~。”ほっといても勝手に好きなことをしゃべり続ける”takです(笑)
いや~、読み応えのある長文ですねぇ!火山辺りでちょっと弱きになっていたとは・・。でもきっと「そろそろ下りよう」って言っても私が強制的に連れていってましたけどね・・
しかし、最後のアルコールはマジ効きましたね。帰りの電車は爆睡で危うく寝過ごすところでした。そして駅に停めていたチャリは見事にパンクしていたし、ふらふらで帰宅でしたよ。日曜は流石に山に行くような足では御座いませんでした。
次回はまた企画します。中Gさんが弱ってもノリで踏破していきましょう(笑)

投稿: tak | 2007年2月 6日 (火) 23時34分

超久しぶりのアップおめでとうございます!
よほどきつかったんでしょうね。takさんが無口なところを見てみたかった。。
写メールには気づいていませんでした。あとでチェックしときます!!

投稿: 中G | 2007年2月 6日 (火) 23時35分

超久しぶりのアップおめでとうございます!
よほどきつかったんでしょうね。takさんが無口なところを見てみたかった。。
写メールには気づいていませんでした。あとでチェックしときます!!

投稿: 中G | 2007年2月 6日 (火) 23時36分

>takさん
あれ、弱気気づいてなかった!?
いくらエスケープルートがあっても途中で決して許してもらえないことは想定の範囲内ですw
日曜はおとなしくされていたようで安心しました^^

>中Gさん
今確認したら写真添付しわすれてました(*_*)
ヘコー(>_<)
次回は絶対一緒に行きましょー☆

しかしtakさんと中Gさんの書き込み時間が1分差・・・
すばらしい連携プレーですねw

投稿: ganz | 2007年2月 6日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186653/5227889

この記事へのトラックバック一覧です: 広島南アルプス(武田山~鈴峯)踏破活動期:

« 改名危機!? | トップページ | 曽場ヶ城山登山 »